脳が疲れる原因や症状は?疲労解消に効果的な食べ物ってあるの?

脳疲労の原因

あなたの脳は疲れていませんか?「なんだか動くのが面倒」「すぐに疲れる」などの症状があるときは脳が疲れているのかもしれません。

今回はテレビ番組『ゲンキの時間』でも紹介されて話題になった「脳疲労」についてまとめました。原因や症状なども紹介しますので自分が当てはまっていないかチェックしてみましょう。


スポンサーリンク


脳が疲れる原因について

脳の炎症

日々の生活でストレスを全く受けない人はいませんよね。特にあれこれと考えることが多い人は脳にストレスを与えています。この生活ストレスの影響で脳の神経が炎症を起こしてしまいます。

脳の炎症は神経伝達機能を低下させ、疲労感が誘発されるというわけです。この状態が長期化すると慢性的な脳疲労となります。男性よりも女性に多いとされ、ホルモンバランスの乱れなども原因とされています。

やる気がおきない、疲れやすいといった症状だけでなく、ホルモンバランスが乱れていると女性疾患などの原因にもなるので注意が必要です。

脳疲労度のチェックシートはこちら

脳疲労度のチェックシート

では実際に自分の脳疲労がどれくらいなのか見てみましょう。5~10分ほどで診断出来る脳疲労度が分かるチェックシートがあるので簡単に出来ますよ。あくまで簡易ツールではありますが、現状を知るいい機会にもなります。

結果に一喜一憂するのではなく、良ければ維持出来るように努め、悪ければ改善する方法取り入れるようにしましょうね。

脳疲労の症状は「めまい」?

脳疲労の症状

脳疲労の症状は筋肉疲労と違って痛みがないのが難点です。まためまい=脳疲労と思いがちですが少々違うようですね。めまいは脳疲労よりも「脳貧血」の可能性が高いです。

では脳疲労を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?実は脳疲労には3つのサインというものがあります。そのサインを見逃さないようにしましょう。

《サイン①:飽きる》
実はこの飽きるというのが疲労の始まりとも言えます。作業に集中し続けると脳の一部が活性酸素を出して神経を傷つけます。そのようなことが起きないように脳が「飽きる」という指令を出すのだとか。もし作業をしていて飽きたと感じたら一旦中断して違う作業をするなどした方が効率よく作業が出来て、脳にもいいですよ。
《サイン②:眠い》
脳が疲れてくると眠くなります。脳を休めなさい、リフレッシュさせなさいという脳からの指令です。
《サイン③:ミスをする》
誰でもミスはするものですが、ミスが増えてきたらサインかもしれません。パソコンの打ち間違えや何も無いところで躓いたりすることが増えたら脳が疲れているかもしれません。

このような3つのサインに気づいたらすぐに対処するようにしましょう。我慢したり放置したりすると疲労はどんどん溜まってしまいます。


スポンサーリンク

解消法や食べ物での回復方法は?

脳疲労の解消法

では脳疲労の場合、どのような解消法があるのでしょうか?また有効な食べ物ってあるんでしょうか??脳疲労を回復させる方法は5つありますのでそれぞれ見てみましょう。

《擬似回復》
この方法は脳疲労を回復させるわけではなく、一時的にやる気を取り戻すためのものです。効果は長期間持続するわけではありません。ではどのように擬似回復させるのでしょうか?

  • カフェイン
  • エナジードリンク
  • 高GI食品
  • タバコ
  • チョコレート

このような嗜好品などの刺激によって一時的ですが脳疲労を解消することが出来ます。確かにコーヒーを飲んでリフレッシュすることってよくありますよね♪

《運動》
運動をすることで脳疲労の回復を待ちます。運動をすることで血流が良くなり、ストレス発散にも繋がります。よって頭がスッキリするといった回復症状が見られます。運動はストレッチや散歩などでもOK!立って作業をすることでも効果があるようですよ。
《食事》
栄養や食事で回復を促す方法です。即効性があるものは水や温かい飲み物になります。脳は脱水症状を起こすことがあります。脱水症状は脳への血流悪化を招くのでこまめな水分補給が大切です。温かい飲み物は血流も良くなるのでおすすめですよ。また温かい飲み物はストレスの軽減にも効果がありようです。他にもガムを噛む事も効果的とされています。
《サプリメント》
脳疲労を回復させるサプリメントがあります。血流を改善し、脳疲労を回復させます。また集中力を高める作用もあります。
《仕事の進め方》
仕事は脳への影響が大です。自分自身が辞めたい、嫌だ、おもしろくないと感じている場合は心理的ストレスも大きく脳がより早く疲れてしまいます。とはいえ好き嫌いで仕事を辞めるわけにはいきません。そんな時は仕事の進め方を変えてみるのも手です。「小さな目標を作って達成感を味わう」「面倒な作業は分割させる」「複雑な作業をやめる」などなど。少しでも心理的ストレスを省くことが大切です。

これら5つの回復法以外では【昼寝】や【目・首・肩を温める】こと、【アロマテラピー】などもいいそうです。

効果的な食べ物

では効果的な食べ物はあるのでしょうか?よく脳が疲れたときは糖分を摂るといいと言いますね。実はこれはあまり効果的ではないようです。ただリフレッシュには繋がります。

脳疲労は誰にでも起きるものですが、なかなか気づかないのも現状です。症状を悪化させないためにも、サインを見逃さないようにしたり、定期的にチェックシートで調べるようにしましょう♪

脳疲労はストレスが溜まっている証拠です。うまく発散するようにしましょう。


スポンサーリンク