【ゲンキの時間】ルイボスティーで毛細血管を増やす方法はコレ

ゲンキの時間 毛細血管

今回ご紹介するのは「ゲンキの時間」で紹介された毛細血管を増やす方法!毛細血管が人体にどのような影響があるのかあんまり知らないのではないでしょうか?そんな知っているようで知らない毛細血管についてまとめました!

またルイボスティーが効果的のようですが…果たしてどういうことなんでしょうかね~?


スポンサーリンク


毛細血管の「ゴースト化」とは?

毛細血管のゴースト化

毛細血管は血液を全身に運ぶ役割があるのですが、血液には栄養素や酸素、熱といった体には必要不可欠なものがたくさん含まれ、それらが全身へと運ばれます。毛細血管がゴースト化すると体の末端まで熱を運ぶことが出来なくなります。

また、骨の形成にも非常に関係があるんです。これらは冷え性や免疫力の低下といったことに繋がるだけでなく、骨粗しょう症などにも影響を及ぼします。さらには脳出血や心疾患といった命に関わる病気にも繋がることも。

他にも肝臓、腎臓にも影響が出ると言われています。肝臓に影響が出ると肝臓の繊維化、脂肪肝、肝硬変といった怖い病気に繋がり、腎臓に影響が出ると高尿酸値血症、蛋白尿、高血圧などの生活習慣病の悪化に繋がります。脳に影響が出た場合は認知症やアルツハイマー病といったことに繋がるようです。

爪床圧迫テストでセルフチェック♩

セルフチェック 毛細血管

では実際にゴースト化しているかどうか確かめたいですよね。そんな時は「ゲンキの時間」で紹介された、簡単にセルフチェックが出来る方法を試してみましょう。

《ゴースト血管のセルフチェック》
ツメの根元を5秒間指で押します。離したときのツメを見てましょう。ツメの赤みがだんだんと元に戻っていくのですが、この戻るまでの秒数を数えます。

問題がなければ2秒程度で元に戻ります。ですが毛細血管に何らかの問題があれば5秒以上たっても元に戻らないようです。

毛細血管のゴースト化は末端に多いので、爪でチェックするんですね。このチェックなら誰でもどこでも簡単に出来ますので一度チェックしてみましょう!


スポンサーリンク

ルイボスティーの効能や飲み過ぎについて

ルイボスティーの効能

近年では【ルイボスティー】が毛細血管に良い影響を及ぼすことが分かりました。南アフリカにしかない茶葉なんですが、ルイボスティーに含まれる成分が毛細血管を活性化させるんだそうです。また、血管内皮細胞同士の結びつきを強化しするだけでなく、毛細血管を守っている細胞壁にも好影響を与えます。

ルイボスティーは健康だけでなく美容にも大変効果的です。活性酸素を除去する働きがあるのも嬉しいですね。ノンカフェインなので赤ちゃんからお年寄りまでどんな方でも安心して飲むことが出来、クセもないのでおすすめですよ。

ノンカフェインでミネラルも豊富なルイボスティーは、飲みすぎても人体に影響はないです。ただし、1日の適量は500ml程度とも言われています。またマグネシウムなどの過剰摂取になる可能性もあるので、サプリメントとの併用は気をつけましょう!

1週間で毛細血管を増やす方法は?

1週間で毛細血管を増やす方法をご存知ですか?簡単に出来るのでぜひやってみましょう♪

《耳マッサージ》

耳マッサージ

耳を少し引っ張りながらモミモミとマッサージしましょう。たったこれだけ!耳の毛細血管を刺激するとだんだんと頬が温かくなってきますよ。1分ずつ左右行ってくださいね。耳ツボを刺激すると全身にも好影響を与えます。手軽に出来てこれはいいですね!

《ふくらはぎ運動》

ふくらはぎ運動

実はふくらはぎには毛細血管が集中しているんですよ。しっかりと刺激すれば下半身の血流がUPします♪方法はとっても簡単!足首を曲げ伸ばしするだけでいいんです。左右20回、朝晩にそれぞれ1回を目安に取り入れてみてください。女性で足のむくみが気になる人にもおすすめです。

どちらの方法も簡単に手軽に出来るので空いた時間に試せそうですね。冷え性の方は特に取り入れてみてはいかがでしょうか。

「健康カプセル!ゲンキの時間」で紹介された毛細血管ですが、私たちの体にすごく影響を及ぼすんですね。ゴースト化させないためにもルイボスティーを取り入れたり、日々の生活をぜひ見直しましょう!


スポンサーリンク