ゲンキの時間|巻き肩になる寝方や治し方とは?体への影響も必見

巻き肩

肩こりでお悩みの皆さん、もしかして「巻き肩」になっていませんか?

以前「健康カプセル!ゲンキの時間」でも紹介されて話題になった巻き肩。いったいどういう状態を指して、どんな影響が現れるのでしょうか?

簡単なチェック方法で自分が巻き肩かそうでないのか一度見てみましょう♪


スポンサーリンク


巻き肩の身体への影響とは?

巻き肩 症状

画像引用元:http://www.hikari-seikotsu.biz/blog/201604131546_2469.html

早速ですが、自分が巻き肩かどうかチェックしてみましょう。

まず立ってください。そしてリラックスして肩の力を抜いて腕をだら~んと垂らしてみましょう。この時に手の甲が前になっている人は巻き肩かもしれません。

巻き肩とは両肩が前に出ている状態のこと。体を包み込むような形で内側に向いています。巻き肩は肩こりの原因にもなるんですよ。また老けてみえるといった見た目への影響も出てきます。

巻き肩には2つのタイプがあります。一つは、背中が丸まり頭が前に出ているタイプです。『猫背型』といわれます。そしてもう一つは巻き肩の状態で姿勢を正して腰が反っているタイプ。後者は『かくれ巻き肩』というんだとか。

巻き肩の原因や症状について

巻き肩の原因

主な原因は【姿勢の悪さ】になります。パソコンやスマホなどを長時間使用すると前かがみになって肩甲骨が外へと広がります。逆に胸の筋肉が縮み固まってしまいます。他にも足や腕をよく組んだり横向きで寝ているいる人にも多いですね。女性ではハイヒールをよく履く人にも見られます。

巻き肩は冷え性の原因にもなるので要注意!また肩が内側に巻くと肩の奥に通っていた神経や血管を圧迫することになり、手・腕・指といったところにしびれが出ることもあります。

また、二の腕のたるみ、首のたるみ、二重あごが目立つようになるのだとか。これは見た目年齢に大きく影響しますね。

巻き肩になる寝方は?

巻き肩 寝方

注意したい寝方は横向きです。横を向いて寝ることで巻き肩を誘発します。これは肩が下になるとどうしても肩甲骨が背骨から離れてしまい、肩が前に巻き込まれるからです。

この姿勢で寝ることが癖になっていると要注意です。巻き肩になっていると仰向けに寝た時に背中が圧迫される感覚になり苦しくなり、自然と楽な横向き体勢になり悪循環になります。

まだ症状が軽ければ意識することで改善は可能ですので今からでも姿勢に気をつけてみましょう。

寝る時の理想的な姿勢や改善方法

巻き肩 改善方法

寝る時の理想的な姿勢は仰向けです。仰向けで寝た時に両肩が浮いているようであればすでに巻き肩になっている証拠。気づくと横向きに寝ているはずです。慣れるまでは窮屈で苦しいかもしれませんが、健康への一歩はまず我慢からですよ。

ですがどうしても辛いというときは両肩の浮いているスペースにタオルを敷くと楽になります。慣れてきたらタオルの高さを薄くしていくといいですよ。

また低反発のマットレスを使用している方は改善には向きません。体が沈んでしまい根本的な改善にはならないんです。抱き枕も巻き肩を悪化させてしまうのでやめた方がいいですね。

仰向けで寝る時のポイントはリラックスです。リラックスした状態で手の平は上に向けましょう。上に向けることで肩甲骨が正しい位置に戻り巻き肩も改善されていきます。


スポンサーリンク

ストレッチで巻き肩を治す方法

巻き肩を治す

寝る姿勢以外にも巻き肩を改善する方法があります。それはストレッチです。といっても揉んだり伸ばしたりするようなストレッチは逆効果になります。強い刺激は筋肉が縮もうと働くのでおすすめしません。

では早速巻き肩の改善ストレッチですが、ポイントは小胸筋と肩甲骨になります。

《腕ブラ体操》

  1. 腕のねじりを取るようにして手の平を外側へ。この時力を抜いて垂らしましょう。下を向かずに目線は少し上!そして片方の手を頬へ軽く当ててください。
  2. そのままの状態でゆっくり呼吸をします。鼻からゆっくりと息を吸い込みます。30秒間、腕をプラプラ~とさせましょう。肩や胸に力が入っていませんか?リラックスして行ってくださいね。

左右ともに30秒間行い、1日3セット以上が目安です。立ったままでも座ったままでもどちらでもOK!お風呂の前に行うと効果的ですよ。

《呼吸筋のストレッチ》

【動画】

  1. まずひざを軽く曲げましょう。そして背筋を伸ばして息を吐きながら両手を胸の前で組みましょう。
  2. 大きなボールを抱えるようなイメージで手を伸ばしてください。この時、ゆっくりと息を吸いましょう。肩甲骨が広がっていることを感じましょう。
  3. ゆっくりと息を吐きながら手を胸に戻します。

この動作を3~10回行います。朝・昼・夜と1日3セットが目安です。夜は寝る前がおすすめ!寝つきも良くなってぐっすり眠れますよ。

スマホを触っているとついつい姿勢が悪くなってしまい、気づいたら体が固まっていたなんてことよくありますよね。特にゲームをしているとそうなることが多い気が…。しっかりとほぐして巻き肩を改善していきましょう!

特に女性の方は冷え性や肩こり以外にも見た目に影響が出るとショックですもんね。健康カプセル!ゲンキの時間で紹介された巻き肩ストレッチで改善♪改善♪


スポンサーリンク