【ムダ汗改善法】ゲンキの時間の汗腺刺激トレーニングが効果的!

ゲンキの時間 汗

皆さん汗はかきますか?暑くなると汗をかいて嫌だという人も多いはず!そんな汗には「かいてもいい汗」と「ムダな汗」があるんです!

汗は体をクールダウンさせる大切な働きがあります。ですがムダ汗はクールダウンさせることはなく、熱中症を防ぐことが出来ません。となればムダ汗ではなく良い汗をかきたいですね!

今回は『ゲンキの時間』で紹介された汗についてまとめました!暑い夏には必見です!


スポンサーリンク


良い汗とムダ汗の違いについて

汗 体温調整

汗は本来蒸発する時に体内の熱を放出して体温調整をする働きをします。うっすら汗をかいている人、まんべんなく汗をかいている人は汗をかくのが上手な人です。これは短時間で汗が蒸発しているんですね。見た目としては少し湿っているかな?という感じです。

ですが汗をかくことが下手な人は体温が上昇しているにも関わらず、汗が出づらい、一部の汗腺から極端に出るといったことが起きます。見た目としては玉のような汗が出て、いかにも汗をかいている!という感じなんです。この場合は蒸発しにくいので体を冷やす効果がありません。

汗 運動

この違いは【普段運動しているかどうか】にあります。普段から適度に運動をしていると良い汗をかき、あまり運動をしていないと汗を一緒に体内のナトリウムも一緒に排出されて疲労感も強くなります。1週間のうち、3日ほど20分程度でもいいので運動をすると改善されますよ。

汗腺刺激トレーニングのやり方は?

汗腺刺激トレーニング

汗腺は実はトレーニング出来るんですよ♪簡単なものでいうと辛いものを食べることでも刺激になってトレーニングになります。酸っぱいものでも実は同じように汗をかくんです。辛いものが苦手な人は酸っぱいものを食べてトレーニングしてみましょう!

おすすめは【岩盤浴】です。体の中から温めることが出来る岩盤浴は汗腺トレーニングにぴったりです。とはいえ「施設に行かなければ無理!」と思った方。安心してください。岩盤浴と同じ効果が家でも得られるんですよ。

 《お家で岩盤浴》
湯船に43度のお湯を足首まで溜めます。両足をつけてリラックスしましょう。これだけでOK!

足の指にはたくさんの血管あり、温められた血液が全身に周ることで体の中から効率よく温めることが出来ます。岩盤浴と同様にうっすらと汗をかくことが出来、毎日続ければ2週間ほどで効果が出ますよ。


スポンサーリンク

発汗作用のある食べ物と飲み物

発汗作用 食べ物

発汗作用のある代表的な食べ物をご紹介します。ぜひ取り入れて良い汗をかきましょう!

 《唐辛子》
発汗を促すと聞いて一番に思い浮かべるものですね。唐辛子に含まれる辛み成分「カプサイシン」が脳を強く刺激します。健康だけでなく美容にも大変効果的なんですよ。

また血流改善にも大変効果的で、髪の毛の先までしっかり栄養が届くようになります。他にも食欲を増進させたり、胃を正常にしたり、殺菌作用もあるとされています。

 《にんにく》
にんにくはニオイが気になりますが食べて欲しい野菜です。美容効果も大変高く、血流改善にもいいんですよ。また疲労回復や胃腸を温める効果もあるので夏バテ予防には最適です。殺菌作用や利尿効果もあります。
 《カレー粉》
カレー粉は食欲を促進させる働きがあり、殺菌作用にも優れています。また血流も良くなるので発汗作用にも効果があります。主な主原料はしょうが科のターメリックです。クルクミンという胆汁の分泌を促し、肝機能を守ってくれます。
汗をかく飲み物

発汗作用のある飲み物は葛湯・生姜湯・生姜紅茶・卵酒が一般的ですね。注意して欲しいのがアルコールです。アルコールは発汗作用を弱めるので卵酒などお酒が入るものがしっかり加熱してアルコールを飛ばしてください。

他にも黒豆茶やハーブティーもおすすめです。ハーブティーはミント・ローズヒップ・カモミール・シナモンなどがいいですよ。夏場でも温かいものを飲むとより効果的です。

梅醤番茶のレシピや効果はこちら

梅醤番茶のレシピ

発汗を促す梅干しを使ってお手軽なお茶をご紹介します。その効果は盛りだくさん!発汗作用だけでなく、デトックスや美肌、免疫力の向上、血流改善、ダイエットなど嬉しい効果ばかりです。ぜひ試してみてくださいね。

 《梅醤番茶の作り方》

まず梅干しをトースターなどで5分焼きます。コップに焼いた梅干し、生姜、しょう油を好みで加えて熱い番茶を入れましょう。これでOK!飲むときは梅干しを潰してくださいね。

簡単に出来て健康効果の高いお茶は夏バテ予防にも最適です。

暑い日に辛いものを食べるのは大変理にかなっているんですね。むしょうにカレーが食べたくなるのも納得!

汗をかくことが下手な人は夏バテしやすいので、ぜひ「ゲンキの時間」で紹介された発汗トレーニングを試してみましょう!


スポンサーリンク