【要注意】熱中症と間違えやすい病気とは?※ゲンキの時間

熱中症 対処法

毎日暑い日が続き、外に出るのも嫌になっちゃいます。室内外問わず熱中症には注意が必要で、連日テレビでも注意喚起されていますね。水分や塩分の補給をしっかり摂っている人も多いはず。

ですが熱中症に似た病気があるのをご存知でしょうか?今回は、『ゲンキの時間』で紹介された夏の二大病をご紹介します!


スポンサーリンク


夏特有の二大病とは?

熱中症の症状

熱中症を起こすとめまいや痙攣、吐き気などの症状が起きます。これは水分や塩分が不足していたり、睡眠不足が原因とされています。毎年熱中症の事故はニュースでも取り上げられ、熱中症対策をしっかり行っている人も多いのではないでしょうか。

そんな熱中症によく似た病気があるって知っていますか?「熱中症と思っていたら実はもっと怖い病気だった!」ということがあるんだそうです。詳しく見てみましょう。

夏の病気

実は夏の二大病と言われていう病気があります。それは「脳梗塞」と「腎臓病」です。どちらの病気も最悪の場合、命に関わってきます。また障害が残ることもあります。そんな怖い病気ですが、実は夏に発症することが大変多いんだそうですよ。

普段 熱中症対策をしっかりと行っているつもりの人でも、もしおかしいな?と感じたら無理はしないで体を休め、それでも回復しない場合は病院へ行きましょう。

脳梗塞の原因や症状について

脳梗塞の原因

脳梗塞は6~8月に最も発症するとされる病気です。主な原因は高血圧や動脈硬化といった血栓によるもの。血栓によって血管が詰まってしまい、脳の神経細胞が死んでしまうんです。では夏特有の脳梗塞の原因は一体何なんでしょうか?

それは「脱水状態」が原因なんです。体が脱水状態になると体内の水分は減ってしまいます。すると血液もドロドロになって血流が悪くなってしまいます。そして血液中の赤血球が固まってしまい、凝集塊というものが形成されます。この凝集塊が血管に詰まり、脳梗塞を引き起こします。

ラクナ梗塞

夏の脳梗塞の症状は熱中症に非常によく似ていて、めまいやふらつきといった症状が現れます。これは「ラクナ梗塞」といい、脳に入っていく細い血管が詰まって起きる脳梗塞の一種です。

ラクナ梗塞以外の脳梗塞は太い血管が詰まり引き起こされます。この場合、たくさんの神経細胞が死んでしまうので体や意識に障害が残ります。

この夏場の脳梗塞は32度を超えると増えるとされていますので、今の時期は注意が必要です。

脱水予防のポイントについて

脱水症状 予防

ではどのように脱水状態を予防したらいいのでしょうか?いくつかポイントをまとめました。

 《脱水状態の目安》
◆軽度

のどの渇き、だるい など

◆中度

口の中の渇き、ネバネバする、おしっこの量が少なすぎる など

◆重度

意識朦朧、血圧低下 など

重度になってくると脳梗塞以外の危険もありますので注意しましょう。

《脱水予防》

  • 寝る前にコップ1杯の水を飲みましょう。
  • お酒の飲みすぎは控えましょう。
  • 汗をかいたときはしっかりと水を飲みましょう。

水分は1日に1.5リットル以上が理想とされています。あまり水分を取らない人にとっては結構多いかもしれませんね。

また、自分が思っているほど取れていないこともあります。こまめに時間を決めて水分を摂取するのもいいですね。


スポンサーリンク

腎臓病の原因や症状は?

腎臓病の原因

夏場に増える腎臓病ですが、こちらの原因にも脱水状態が関係しています。

体が脱水状態になると血液の量も減ります。すると血圧が下がります。血圧が下がると腎臓の中にある血液をろ過する「糸球体」にかかる圧力も下がります。

ここの圧力が下がると老廃物が通過出来ずに尿毒素となって体に溜まってしまうんです。この尿毒素が急激に溜まると急性腎障害を引き起こします。

結石 激痛

さらに脱水状態が続くと体内の水分が減ってしまうにも関わらず、老廃物の量はそのままになります。すると尿が濃くなります。この状態が続くと腎臓の中でカルシウムとシュウ酸などの老廃物が結合して結石になります。

結石が大きくなると尿管に詰まり激痛が起きます

夜間の頻尿や脱水について

夜間の頻尿

腎臓は体内の水分調整も行う臓器です。腎臓にある尿細管という部分がその調整に関わっているのですが、この尿細管が衰えると【頻尿】になることがあります。頻尿になると尿を濃く出来ないだけでなく、必要な水分も一緒に排出されてしまうので夜間にトイレに行く回数が増えてしまうんですよ。

頻尿になると夜間に起きたくない、睡眠をしっかり取りたいということで水分量を抑えてしまいがちになり寝る前に水を飲まないで寝ることも。ですがそれでも尿細管が衰えていることには変わりがないので、夜間にトイレに行くことになります。ですが水分量は抑えています。この結果どうなると思いますか?

体の水分量

実はとっても体に悪い影響を与えているんですよ。水分量を減らしていてもおしっこの回数が多いまま。ということは体内の水分量が著しく減っていることになります。すると血液はドロドロになり腎臓病のリスクがアップします。またこのままの状態が続くと脳梗塞になることもあります。

頻尿の場合でも水分をしっかりと取るようにしないと腎臓病だけでなく、脳梗塞のリスクも高くなるので気をつけましょう。

熱中症と同じで脱水状態で引き起こされる二大病。怖いですね。夏場の水分は取りすぎかもしれないくらいが丁度いいでしょう。また脳梗塞は夜明け頃に多く起きるとされていますので、寝る前のコップ1杯の水は習慣化させましょうね!


スポンサーリンク